イメージ

PAGE

メタっ娘

chapter1-1 出だしなのに『あとがき』から?

「……ナニコレ?」

 葛木芽以子(かつらぎめいこ)は、目の前に広がる光景を見て放心状態でつぶやいた。

 それもそのはず、眼前に広がる光景といったら常軌を逸している。

 何もないのだ。

 青空と野原が地平線でくっついているほど何もない──どころの騒ぎではない。

 本当に何もないのだ。

 青空も。

 野原も。

 なんと地平線も。

 何もない。

 ──つまり、真っ白な空間だけが広がっている。それだけだった。

 雪原のド真ん中にいる、というわけでもない。そもそも寒くもなければ暑くもない。

 上下左右・四方八方あらゆる空間のすべてが真っ白だった。

 真っ白。そうとしかいいようがない。

 ページで表現するならこんな感じだ。

 

 

 まっしろ

 

 

 まったくもって描写のしようがない驚きの白さに、芽以子は立ちすくむしかなかった。

 そもそも、自分が地面に立っているのかさえ怪しくなってきた。何しろ地平線すらないのだから。

 平衡感覚が狂ってきたせいでクラクラする頭を押さえ芽以子はつぶやく。

「……っていうか、アナタ誰よ?」

 何もない、ただ真っ白な空間に向かってつぶやく芽以子。誰何(すいか)したところで周囲には人っ子一人いない。

「そうじゃなくて! 勝手にナレーションしてるアナタよ!」

 ん? ぼくですか?

「そう! アナタ!」

 芽以子さん、ダメですよ。地の文に向かって話しかけては。それは小説作法でいうところのルール違反です。

「ナニわけわかんないこといってんの!?」

 そう叫び、周囲を睨み付ける芽以子。しかし辺りは真っ白で、どれだけ睨みをきかせても誰もいはしない。

「じゃあなんで声が聞こえるのよ! いったいどこから放送しているの!?」

 芽以子はヒステリー気味に地団駄を踏んだ。

「人の様子を勝手にナレーショるな!」

 ナレーショるってどういう日本語ですか。

「うるさい! いい加減に姿を現しなさい! 卑怯よ!?」

 そういうと芽以子は足を踏み出す。人間、理解不能な状況に追い込まれると体を動かさずにはいられなくなるのだろう。しかし、平衡感覚が狂っている状態で歩こうとしても結果は自明だった。

 芽以子は足をもつれさせ、真っ白であるが故に目に見えない地面にスッ転んだ。ゴロゴロと三回転半すると、白い地面に大の字になり、白い上空を見上げる。

 たった数歩だというのに、全身からはビー玉のような汗が噴き出し、心肺は張り裂けんばかりに大きく鼓動し、桃色の唇からは塊のような吐息が短く何度も吐き出される。

 強気の瞳は真っ赤に充血して、いささか涙が滲んでいた。

「いったいなんなのよぉ……」

 芽以子はギュッと目を瞑り、それっきり動かなくなる。

 …………。

 …………。

 …………。

 …おーい………。

 おーい、めいこさーん……?

 んんー……。できるだけページ数を稼ぎたかったんですが、まぁ確かにこのままだとラノベが進みませんので種明かししちゃいましょうか。

 目を開けて、キッと上空を睨み付ける芽以子。

 まぁそう怖い顔しないでください。別にとって食おうだなんて考えてません。あ、ちなみに涙目になって怒る顔って、いわゆるツンデレで可愛いですよ?

「ふざけるな!」

 上体をガバッと起こして怒鳴り声をあげる。あさってのほうに放たれた怒号は、しかし反響することもなく──

「アナタはいったい誰なの!?」

 ──あぁもう。こっちも仕事ですんで、描写する間は待っててくださいってば。

「知らないわよそんなこと!」

 まぁいいです。さて芽以子さん、自己紹介といきましょうか。ぼくは『作者』です。

「は?」

 そうですねぇ。単刀直入にいいますと、芽以子さんはライトノベルの中に入っちゃったんです。ちなみにジャンルはファンタジーものです。

「……あなたいったい何いってるの?」

 つまりですね、ぼくは兎にも角にもファンタジーものが大好きでして。それも異世界モノ。現実から突如、見知らぬ世界に飛び込んで冒険活劇なんてロマンじゃないですか! が、しかし! ここ二十年くらいで、もはや異世界ファンタジーは出尽くされたといっても過言ではない! しかししかし、それでも「いまだ未開の地はないものか」といろいろ思索を張り巡らせること──

「回りくどいわね……。いったい何がいいたいの?」

 芽以子さんはせっかちだなぁ。だから、もろもろの理由がありまして──

「──ありまして?」

 ラノベの中に転移しちゃった女子高生モノを書こうとひらめいたのです! いやもぅ閃光のごときひらめきが!

「……はい?」

 物語の中こそが未開の地だったってわけですね!

「意味不明なんだけど」

 いやだから、芽以子さんはいま、ラノベの中の登場人物かっこヒロインかっことじ、というわけですよ。

「だからどういうことよ?」

 ええと、だから、文字通りの意味でして、ライトノベルの中に入ってしまったんですってば。おとぎ話のように。

「…………つまり、悪い竜を倒してお姫さまを助けましょう、ってヤツ?」

 若い芽以子さんにえらく親近感を感じますが……まぁそういうことです。

「…………」

 眉をひそめる芽以子。物語の中に入り込んだなどと、このナレーターはいったい何をいっているのか? そもそも芽以子は昨日まで、ごく普通の日常を過ごしていたのだ。昨日は、寝坊して起こしてくれなかった母親に文句をいいながら朝食も採らずに登校し、私立応蘭(おうらん)学園女子高等部にギリギリ到着すると友達とおしゃべりをして、ようやく目が覚めたと思ったら一時間目は古文で、教師の催眠術のごとき単調な朗読にまた眠くなり──

「ちょ、ちょっとなんなのアナタ!?」

 だから、描写中は邪魔をしないでって──

「どうして私の頭の中が分かるのよ!」

 そりゃあ作者ですからね。心理描写だってお手のモノです──それを聞いて芽以子はゾッとした。つまりそれは心の中を透視されているようなものであり、プライベートも何もあったものでは──

「ああ! 分かった!」

 ──だから描写を遮らないでくださいってば。一応いっときますけど、これは夢ではないですからね。

「また心を読んで! でも夢なんだから何でもアリよね」

 だから夢では──

「あーはいはい分かりました分かりましたこれは夢です夢ゆめユーーーメーーー。これでこの真っ白い場所もアナタの読心術も何もかもが説明つくもの。あーもーしょうもない夢をみちゃったなー。早く目が覚めないかしら」

 ですからこれは夢ではなく、まぁ強いていえばフィクションですけど、だからといって夢ではなくですね、──ああもぅややこしいな。

「はぁ。もぅいったいなんなのかしらこの変態ナレーター。もー無視無視」

 むかっ。

「早く目が覚めてくれないかな。ほっぺでもつねればいいのかしら──意外と痛いわね。まぁいいわ、それにしてもわたし最近疲れてるのかなぁこんな変態ナレーターの意味不明夢を見るなんて」

 め……めいこさん、夢じゃないっていってるでしょう? 確かにここは虚構の世界でありつまりはフィクションですけれども。

 あなたにとっては現実なんですよ

「なんかお腹すいてきちゃったなぁ。ずいぶん生々しい夢ねぇ?」

 芽以子の頭の中は『無視』と『夢』の文字で埋め尽くされている……カンペキに現実逃避を始めましたね?

「そうだ、寝ちゃおう! 夢の中で寝ちゃえば現実で目が覚めるってものよ! おやすみなさーい」 

 ……まぁいいでしょう。そうやってあくまでもコレを夢といい張るのなら、現実逃避できない、芽以子さんにとっての現実を見せてあげようじゃないですか。

 ラノベの中では神に等しいぼくのいうことをまるで聞かないヒロインには、ちょっとお仕置きが必要ですからね……